スポット春のお出かけ花鑑賞

【可児市のお出かけ】|ぎふワールド・ローズガーデン|カップルで楽しむ見どころをご紹介

スポット

こんにちは!季節の旅を夫婦で楽しむぽてやた旅ブログ@poteyatablog)です。

ぽてママ
ぽてママ

岐阜県可児市にある、ぎふワールド・ローズガーデン『春のローズウィーク』に行ってきました!

ぎふワールド・ローズガーデンは2021年10月に「花フェスタ記念公園」から名称変更した花のテーマパークです。世界最大級規模のバラ園が満開になる春のローズウィークは5月11日(水)〜6月12日(日)まで開催されています。

この記事を読むと…
・ぎふワールド・ローズガーデンを夫婦やカップルで楽しめる見どころがわかる
・春のローズウィークに行った気分になれる
・ぎふワールド・ローズガーデンの周辺にある立ち寄りスポットがわかる

ぎふワールド・ローズガーデンの園内マップとゲート

ぎふワールド・ローズガーデンの園内マップ

ぎふワールド・ローズガーデンの全体図
公式サイトより引用

入り口は二つで、メインの西ゲートと東ゲートがあります。

ぽてパパ
ぽてパパ

初めてのときは入ってすぐのウェルカムガーデンを楽しむためにも西ゲートがおすすめ!
授乳室やコインロッカーも西ゲートにあります。

ぽてママ
ぽてママ

平日でも西ゲート駐車場は結構埋まっていたので、
満開の時期は15時〜など時間をずらして行くのもいいと思います。

バラの見どころ①ウェルカムガーデン

ぽてママ
ぽてママ

西ゲートをくぐると、バラの大庭園が広がっていました…!!

ぎふワールド・ローズガーデンのウェルカムガーデン

世界最大規模の17品種・約5,500株のバラが植栽されているウェルカムガーデンは、入ってすぐの写真スポット!目の前に広がるバラの世界!色とりどりの珍しいバラも多く、ここだけで30分ほどは時間が過ぎていましたw

ウェルカムガーデンのフォトスポット
ウェルカムガーデン前にはフォトスポットも!まずは記念写真からスタート!

バラの見どころ②ローズテラスとバラ回廊

ぽてパパ
ぽてパパ

ローズテラスは展望デッキ(バラのベルベデーレ)に登ると全体が見渡せます!

ローズテラスとバラ回廊
展望台から撮影したローズテラスとバラ回廊

ローズテラスの中央には、かき氷とレモネードのキッチンカーがオープンしていたので水分補給を兼ねて休憩しました。

ぽてママ
ぽてママ

青空とバラ園の中で食べるカキ氷は最高!すごく暑い日だったので、熱中症予防にも◎

バラのベルベデーレ(展望デッキ)
バラのベルベデーレ(展望デッキ)とローズテラス

バラの見どころ③オールドローズガーデン

オールドローズガーデンの天使の銅像
オールドローズガーデンにある天使の銅像

約3,000株のオールドローズを集約した、春限定で楽しめるオールドローズガーデン。
ローズガーデンの入り口付近には、こんな写真スポットもありました!

オールドローズガーデン前の写真スポット
バラのアーチがハートになった写真撮影スポット!

園内のおすすめスポット

休憩におすすめ!『花のタワー』

花のタワー全体図

高さ45mの「花の海に浮かぶ船」をイメージしたという展望タワーです。バラシーズン限定でレストランもオープンしています。カフェ感覚でくつろいでいる方が多かったです。

ぽてパパ
ぽてパパ

高い場所を見つけるとついつい登ってみたくなっちゃいません?w

ぽてママ
ぽてママ

高くてちょっと怖かったけど、景色は綺麗だったね〜
時間があれば、ソファで休憩したかった(^^)

花のタワーの中
花のタワーの中はこんな感じです!結構広々、リラックスできる空間なので穴場休憩スポットです〜

ひと味違う雰囲気の茶室『織部庵』

茶室「織部庵」の外観
気軽に楽しめる『季節の和菓子と抹茶セット600円』でお茶を楽しめる茶室
ぽてママ
ぽてママ

ローズガーデンとはまた雰囲気が異なり、茶室までの道中は新緑のもみじが素敵でした…

7-9月、12月〜3月は土日祝のみ営業しているそうです。

「織部流」織部庵 一般公開
6月11日(土)・12日(日)10時〜14時(白ソックス持参)

歴史好きにはおすすめ!『明智荘の館』

明智荘の館入り口
またしてもローズガーデンとは雰囲気の異なる演出w 歴史好きのぽてパパ好みの場所!
ぽてパパ
ぽてパパ

明智光秀と言えば三日天下が有名ですが、学校で習ったこととは違う視点で見られる場所です。

歴史に興味のないぽてママが珍しくじっくりと見てましたw

ぽてママ
ぽてママ

正直興味なかったけどw

歴史の謎やいろんな説が意外と面白かった!

キッズにおすすめ!『大型複合遊具』アスレチック

大型複合遊具
公式サイトより引用

高さ最大10mを超える本格遊具!遊具の近くには休憩スペースも多いので、子供連れでお子さんがお花に飽きちゃったときはここに来るといいかもw 大人でも遊びたくなる遊具がたくさんありました!

ぽてパパ
ぽてパパ

遊びたかった…!年齢制限が6歳〜12歳でした涙

グルメ・ショップ情報

園内には、バラを鑑賞しながら食事ができるセンターコート内のレストラン、バラにちなんだグッズが売っているローズガーデンショップなど、カフェやショップが充実していました。

公式サイトのリンクを貼っておきますので、メニューなど気になる方は確認してみてくださいね♪

ぎふワールド・ローズガーデン内のグルメ情報

ぎふワールド・ローズガーデン内のショップ情報

その他のポイントやイベント情報など

歩き疲れたら、ロードトレイン『ポッポ』で周遊♪

ロードトレイン・ポッポが走行している様子

約15分で場内を周遊するロードトレイン「ポッポ」。赤と青の「ポッポ」は中学生以上1人300円で乗車することができます。(小学生まで無料)

謎解きイベント『虹色の薔薇』

ぽてパパ
ぽてパパ

そういえば、至るところに『謎解きの問題』があったね!

ぽてママ
ぽてママ

思わず立ち止まって考えちゃう、本格的な謎解きが多かったです

6月12日まで500円で参加できる謎解きイベント!すべての謎を解き明かすと、幻の虹色の薔薇に出会える…⁉️クイズや謎解きが好きな方にはおすすめのイベントです。

ぎふワールド・ローズガーデンの基本情報・アクセス

住所:岐阜県可児市瀬田1584-1
TEL:0574-63-7373
開園時間:9:00〜17:00(最終入園16:30/季節により変動あり)
入園料金:変動料金制 ※ローズウィーク期間は1,050円※
URL:https://gifu-wrg.jp/
アクセス:【車】東海環状自動車道 可児御嵩ICから車で5分【電車・バス】(月〜土)JR可児駅→さつきバスで約30分/(日)可児駅からタクシーまたは、名鉄「明智駅」から徒歩25分

ぎふワールド・ローズガーデン周辺のおすすめスポット

天然温泉 三峰

天然温泉三峰の外観
ぽてパパ
ぽてパパ

解放感あふれる露天風呂の造りに大満足!
源泉かけ流しもあってとってもいい温泉でした!

ぽてママ
ぽてママ

また行きたい温泉だったね〜♪

住所:〒509-0238 岐阜県可児市大森1748-1
営業時間:10:00~22:30(最終受付22:00)
定休日:年中無休(メンテナンス休館あり)
入浴料:大人(平日750円・土日祝850円)小学生(平日380円・土日祝430円)満65歳以上・身障者は平日、土日祝ともに720円

国史跡 美濃金山城跡

約400年前の戦国時代の石垣や建物の礎石を間近で見ることができる城跡。山城跡から見える、可児市内を一望できる景観もおすすめ。

住所:岐阜県可児市兼山
営業時間:8:30〜17:00
定休日:年末年始(12月19日〜1月3日)
駐車場:無料(17台)

かぐや姫の散歩道(木曽川渡し場遊歩道)

かぐや姫の世界を彷彿とさせる竹林に囲まれた散歩道。近くを流れる木曽川のせせらぎ、静寂な空気に小鳥のさえずり…自然の中で散策するにはおすすめのスポットです。

住所:可児市土田2691-1
営業時間・定休日:なし
駐車場:無料(40台)

ギャラリー


ぽてママ
ぽてママ

思っていた以上に園内も広くて楽しめたし、薔薇も見応えがあって大満足でした!

ぽてパパ
ぽてパパ

これからの時期は、紫陽花にひまわり、秋はコスモス…
また行きたいんじゃない?

ぽてママ
ぽてママ

年間パスポート3,000円買おうかな…w

花鑑賞が好きな方や、バラの群生を見てみたい方にはとってもおすすめできる場所です!

可児市のお出かけスポットに迷ったら、ぜひご家族やカップルで、お一人で散歩にも♪
花鑑賞を楽しんでみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました